ゴルベ温泉のブログ

好きなことを書きます。

ミュシャ展 感想 ①

 

ミュシャ展に行く

 

 周囲の評判がよく、メディアでも取り上げられていたミュシャ展。ちょうど時間もあったのでふらーっと行きました。

 

f:id:golbe_onsen:20170430225647j:image

 

基本情報

 

www.mucha2017.jp

 

 ミュシャ

 

会  期:2017年3月8日(水) ー 6月5日(月)

会  場:国立新美術館 企画展示室2E

開館時間:午前10時 ー 午後6時

     ※毎週金曜日、4月29日(土) ー 5月7日(日)は午後8時まで

       入館は開館の30分前まで

休  館  日:毎週火曜日(5月2日は開館)

 

 

 

  チケットは窓口のみならず、ネットでも購入できます。

ミュシャ展 |オンラインチケット

 オンラインでの購入すごい便利だと思います。スマホ見せるだけで入場できるので、流れがスムーズ。ノンストレスで足取りが軽いです。

 

スラブ叙事詩

原故郷のスラブ民族

 

 ミュシャ展入りますと、早速スラブ叙事詩の絵が展示されています。ホームページのトップにもなっている「原故郷のスラブ民族を観ることができます。

 

え、デカ!

 

 第一印象です笑。「大きい」とは聞いておりましたが、本当に大きいです。あまりにも大きいので、

 すごい時間かかったんだろうな〜

 どうやって持ってきたのだろう

 と思いました。大きいので描く時間もかかりますし、それを持ってくるのも大変そうだなぁ、と思いました。飛行機には入りそうにないので、船でしょうか。船から六本木までは4トントラックで運んだのかなぁ、トラックの運転手さんプレッシャーすごそうだなぁ…と。絵の内容とは関係ない所へ考えを広げてしまいました笑

 さて、スラブ叙事詩の作品は他にもたくさんありますが、これは中でも特にクールです。夜明けのような描写が幻想的で、右上には妖精たちと偉い人がいます(アバウト)。彼らの姿は十字に見えまして、キリスト教を暗示しているようでした。左下手前には、スラブ民族の祖先がいます。こっちを向いてます。目が合います。

 目で訴えている…

 この「原故郷のスラブ民族のみならず、他の作品でも手前にいる人物がこちら(鑑賞者)を見ています

 

目が合う絵

 

 スラブ叙事詩の絵の多くには、手前に人物がいました。寂しそうな、怯えているような顔つきです。んで、鑑賞者の方を見ております。そのため、目が合います。「イヴァンチツェ兄弟団学校」でもこちらを見ている人がいます。これは若いミュシャがモデルだそうですが、これもなんだか不穏な感じがしました。絵は「チェコ語版の聖書、印刷してんぞー!」みたいな感じのようですが、盛り上がっている人、遠くにいる冷めてそうな人、そして不穏なミュシャがいます。あれ?盛り上がってる感じじゃないの?と疑問符が付きました。陰と陽でしょうか。

 目で訴えている、といえばいいのでしょうか。後ろで繰り広げられている状況のみならず、目で鑑賞者に訴えかけます。このスタイル、すごいメッセージ性が高いなぁと思いました。あと、絵にも引き込まれますし。

 「目は口ほどに物を言う」という諺があります。この「目で訴える人」を見ることで「あ、これはポジティブな感じか」、「これはネガティブなヤバい感じだ」と自分なりに判断していました。これも楽しみ方だと思います。

 

スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い

 

 私はこれが1番気に入りました。この絵も「目で訴える人」がいますが、それ以上に正面の女性が気になりました。

 こちらに背を向けています!

 この人がどんな人かちょっとわからないのですが笑、奥で万歳している青年達を見守っているようです。その奥には女神がいます。

 

(奥)

女神

万歳している青年達

背を向けた女性

(手前)

 

 こんな構図です。「背を向けた女性」のほんわかとした感じ、見守っている感じ、いいなぁ。菩提樹はスラブの国樹らしく、女神はスラブ民族の守護神スラヴィアのようです。青年達はスラブ文化再興を求めるオムラジナと言う団体で、その儀式をしている様子が描かれているようです。

 スラブの為(平和の為)にがんばる青年達を見守るスラヴィアと「背を向けた女性」、いいですね。ほっこりする絵だと思いました。ただ、未完の作品らしく、細かいところ(人の顔とか)が曖昧なままでした。とはいえ、正面の「背を向けた女性」にヤラれました。

 

f:id:golbe_onsen:20170430225656j:image

 

 展示会場を出ると売っている、オリジナルグッズから。6種あるチケットファイルに「スラブ菩提樹」がありました。「背を向けた少女」にスポットが当てられていて、迷わず購入。値段も300円と安く、ポストカードより実用的だし最高かよ!と思いました。

 

続きは…

ミュシャ展 感想 ②」へどうぞ…

 

golbe-onsen.hatenablog.jp